ウラブタの上

箱の中の神さま

無窮の安寧に瑕疵はない

 今すぐベッドに入る必要がある。
 しかし、デイリーは消化しなければならない。
 スタミナだのログボだのデイリーだの、ソシャゲに管理された人間は狂ったように、しかし冷静にルーチンをこなす。

 たとえばシャニマスの場合、フェスアイドルを3人誕生させないといけない。
 だが何も真剣に取り組む必要はないのだ。
 プロデュースを選択し、レッスンをせずに16週間連続で「休む」だけでいい。

f:id:Solisquale:20190623002056j:plain ……………………。
 そう、これはゲーム。何も考える必要はないのだ。

f:id:Solisquale:20190623002115j:plain
 あなたが掴めるものは何もない。
 夢も、栄光も、充実感も。
 というかレッスンをしていない。彼女は何のために事務所に来ているのだ。

 始まりを思い出す。たしかこう声をかけたはずだ。

f:id:Solisquale:20190623002135j:plain
 人を、笑顔に……言葉巧みに懐柔し、プロデューサーはひとりの女性を毒牙にかけた。
 来る日も来る日もレッスンは行われない。なぜ彼女はこの現状を疑問に思わないのだろう?

f:id:Solisquale:20190623002150j:plain
 いや、彼女に休ませているのだ。彼女は自分で休むことを選択している。
 プロデューサーの話術が想像を絶する上手さなのだ。すでに掌握している。さながら信者を啓く教祖のように。

f:id:Solisquale:20190623002208j:plain
 たまに、思い出したように彼女は訊ねてくる。そういえば私アイドルでしたよね。
 だが選ぶのはNOだ。まだそのときではない。

f:id:Solisquale:20190623003454j:plain
 時間は徒に過ぎていく。日めくりカレンダーを破り捨てるように、淡々と「休む」を選択する。
 そして、終わりがくる。

f:id:Solisquale:20190623002242j:plain
 …………。

 プロデュースは、期間内に指定の人数のファンを獲得しなければ終了してしまう。
 早い話が、競争に敗れたということだ。
 そもそも競争をしていないような気もするが……見ればファンを獲得しているではないか。

f:id:Solisquale:20190623002302j:plain
 1人。
 誰なのだ、この1人は。自分自身か、プロデューサーか、家族か。
 
 仮に自分自身だとすれば、彼女は強い芯を持っていることになる。
 自身がアイドルということを規定するただ1つの理由を、自分の中に持つのだから。

 仮にプロデューサーだとすれば、それは究極の迎合を意味する。
 いまここに1人の人間の尊厳が消え、弱者を搾取するシステムが誕生したことになる。

 仮に家族だとすれば……いや、この話はよそう。

 僕たちは、可及的速やかに眠りに就かなければならないのだ。
 ゲームなどという仮想の世界に浸っている場合ではない。意識を切り離し、泥のように眠るのだ。
 そうして、再び自身が起動したら、いつものように日常を送ればよいのだ。

 さあ、「休む」ことを選択しよう。