ウラブタの上

箱の中の神さま

エピックセブン ML5リセマラ性格診断

f:id:Solisquale:20200416212746p:plain

・執行人ヴィルドレッド
 彼を選んだ/選ばれたアナタは自分を安心させてくれるものを求めています。
 不死性が象徴するように、絶対不変のものに憧れる一方で、
 挫けても再び立ち上がる不屈の心をも持ち合わせているはずです。

 彼は相対的なナーフを受け、以前ほど一人で完結することは出来なくなりました。ただ、依然として最高峰の周回性能を持ち、一部の防衛でもまだ使われ続けています。
 中盤までは彼が居るだけで何でも出来ます。極まってくると他のキャラクターに席を譲り始めますが、復活して全体高火力を放つ唯一性が霞むことはありません。

・覇者 ケン
 彼を選んだ/選ばれたアナタは競うことが好きです。違う? ならばこう言い換えましょう。誰かと比較されることが怖いと。
 この世は遊びも含め、すべてに勝ち負けが付きまといます。勝つことに恐怖し、負けることに驕るアナタは生き抜く力を持っているのです。

 彼はPvEができなくもありませんが、やはり本質はPvPにあります。
 不用意に攻撃すれば手痛いカウンターにより相手は消し飛ぶ。
 弱点はCCによる行動不能と、タフではあるが防御ダウンからのバーストに耐えることは難しいこと。
 安心してください、彼が居れば対人はグッと楽になります。

・破壊者 コルヴス
 彼を選んだ/選ばれたアナタは器量が良く、要領も良い。
 目立つことは避け、自分のすべきことを地道に行う一方で、
 何か抜け道はないかとショートカットを狙う抜け目なさもあるはず。

 彼が持つのは絶対的な攻め性能。冗談ではなく、使えば勝ちます。
 ただし必殺技が使えるようになるまで8ターンかかるため、一戦一戦に時間がかかるのがデメリット。
 そのデメリットも、イセリアを使えば0にできてしまいます。
 生命依存の超火力なので自身が落ちることもまずありません。


秋田。

・幻影のテネブレア
 安全圏から反撃されずに攻撃可能。超火力で1体もってける。
 前はハズレ扱いされていたがバフにより評価が様変わりした。

・神光のルエル
 防衛では最強格、味方を復活させられるので攻めでも大活躍。
 唯一の弱点は種族がカマキリであること。

・審判者 キセ
 先手を取ればスキル封殺でほぼ勝つ。反撃はこわいけどー……
 火力も高く、彼女とラッツ2種を組み合わせるのは攻めの十八番になっている。

・メイドクロエ
 消滅持ちの多数参戦と闇アンジェリカの実装により相対ナーフを受けた悲劇の少女。
 攻撃バフと復活があるので攻めでは依然強く、何よりかわいい。

・実験体 セズ
 コルヴスが育ったベイガーなら彼は育ったヴェインである。
 お膳立ては必要だが状況が整えば一人で敵を壊滅させてしまえる。
 消滅つきの超火力は月影★5の名に恥じない唯一性である。
 攻めしかできず、初心者が引いても使えるようになるまで時間がかかるのがデメリット。
 
・賢者バアル&セザン
 クロエと並ぶ低評価の男。
 敵が何かするたび20%のゲージアップをし続けて割り込み、敵のバフを一掃してから全体睡眠を叩き込める。
 はい、冷静に考えておかしな強さを秘めています。素のスピードも早く、メイジなのでダグエルも持てる。
 弱点は火力がないことと、フレーバーがアレなこと。
 
・白銀のアラミンタ
 全体スタンを決めれば試合も決まる。
 免疫装備が流行っているので向かい風だが、このゲームの行き着くところはバサールのスピード勝負なので特に問題はない。
 パッシブと火傷によりDPSも高いが、AoEなので反撃をトリガーしやすいのが弱点となっている。

f:id:Solisquale:20200417093339p:plain

・黙示録のラヴィ
 硬い。防衛ではウザいが脅威ではないという意見もある。
 攻めで使うと味方を復活させられたりする。ぶっちゃけ普通。
 その容姿からカルト的な人気を誇る、エピナナ栄誉盆栽。

・奈落のセシリア
 人権防衛キャラと言われているが、普通にバサールでシールドが消えてしまう。

 闇川が出たアカウントと闇セシが出たアカウント、どっちで始めるかと言われたら俺はセシリアのほうを選ぶと思う。
 新規がセシだけ持ってても微妙だが、闘技場で年金を受給しやすいのはかなりのメリットだ。今は周回なんてペットがあるし、フレンド頼りでイベントの中級回ってれば事足りる。
 もちろん1-10では木ヴィル狙う。