ウラブタの上

箱の中の神さま

耳鳴り 中間報告(自分用)

 いい加減同じテーマで日記を書きたくないが仕方がねえ。
 酷暑の中でも感じられるや日々の種々の小さな幸せについて書くのは
このクリティカルな事案が終息してからだ。

 以下、自分用の長文。

 いつから症状が顕在化したのか自分でも思い出せなくなっていたのでブログを見返した。
 耳鳴りについて言及しているのは7月の24日。
 どうやら約一ヶ月以上、QoLが低下したままの状態のようだ。

 当初はコ口ナの後遺症も疑ったが、俺が罹患した(と思われる)のは年末年始であり、半年経って症状が発現するというのはどうも考えづらい。
 あるいはどこかで不顕性感染をして、無症状のうちに後遺症を被った可能性もあるか。

 その場合はもうどうしようもない。
 ウィルス性の難聴は不可逆なことが多いため、耳鳴りも難治だろうと覚悟する必要がある。

 ちなみに言うと、難聴は無い。問題の左耳は検査でも異常はなく、テキトーにyoutubeにあった15000Hzまでのモスキート音も聞き取ることができる。
 できるが、当然耳鳴りし続けているので聞き取りづらい。
 これを難聴というべきなのかどうか、俺には判別がつかない。

 原因の可能性が一番高いのはストレートネックである。
 そこにコ口ナ禍のストレス+将来への不安が襲いかかったとみるのが堅い。

 実際にストネク自体は3月頃からの付き合いであり、これが悪化の一途を辿った可能性がある。
 自分では回復に努めたつもりなのだが、もしかして逆効果だったか。

 確かに、タオルを使って頸をナナメ上に牽引なんかしたら神経を痛めかねない。
 痩身で虚弱な俺なら尚更、である。
 MRIでは逆湾曲してるとまで言われたから、下手なことはしないほうが良かったか。

 今までに出された薬はどれもあまり効果はなかった。
 鎮痙剤のチザニジンは効果の程を実感できず、アルプラゾラムは耳鳴りの音を気にならなくすることは出来たが治りはしなかった。
 いまはアドホスを服用しているが、これも良くなる気配は無い。

 接骨院の施術も効果はあまり無いように感じる。
 毎回、全身の血流改善+肩への電気刺激+首への整骨というラインナップだが……
これに800円を払い続けるのもどうなんだという感じがする。

 ていうか、本当に原因は首なのだろうか。
 全身の筋力が衰えているのを感じるし、普段の姿勢もかなり悪い。
 最近びっくりしたが、今まで自分が良い姿勢だと信じていた座り方は反り腰になりかねない危険な姿勢だったらしい。

 加えて言うと睡眠時の姿勢も悪い。横を向いて丸まるように眠るのだが、首と背骨に負荷が掛かるようなのだ。
 挙句の果てには枕を取っ替え引っ替えしているから、自分でも何が正しい「寝方」なのか分からなくなってしまった。

 ストネクの無理な改善法が不調の原因なら、それをやめればいい?
 あるいは、無理にでも改善すれば、この不調は全て消える?
 
 分からない。
 誰も、何も言ってくれないから自分で判断するしかない。

 最近になって、問題の左耳の奥がたまに痛むようになった。
 汗などで細菌が繁殖した状態でイヤホンなんかするから、炎症を起こしている可能性がある?

 の割には耳鼻科での検診で引っかからなかったので、外耳炎ではなさそうだ。
 内耳が何らかの形で炎症しているのかもしれないが、やはり自分で確認することはできない。
 とりあえず次に耳鼻科に行くときは、全ての可能性を排すため万全の質問体制を築いておく必要があるだろう。

 耳鳴り改善のため、自分で試みていることはいくつかある。
 ウォーキングをする、マメなストレッチをする、栄養バランスのいい食事を摂る。
 ……それでもちっとも良くなる気配がないから、今回の問題の根深さが知れる。

 救いがあるとすれば、耳鳴り自体が気になるのは、夜寝るときだけだということ。
 日中はセミやら鈴虫やらの喧騒にまぎれ、耳鳴りは気にならない。

 だが夕方を過ぎるころから音が大きくなり、夜になると――
 ネットサーフィン中に無音になった瞬間にキーンという音が左耳から聞こえてしまう。

 睡眠弱者の俺が、耳鳴りのせいで中々寝付けないのもかなりの辛さだ。
 タイマーをかけたウォークマンを聞き流して、偶然眠れるのをひたすら待つ。

 そう、ヤバいのは眠れないことだ。
 夜はあらゆる弱者の心を蝕む。
 このまま頸部鬱にでもなれば、ディスペプシアで自死を企図しかけたかつての俺の暗部が鎌首をもたげかねない。
 
 というワケで、いま俺を取り巻いている現状は以上の通りである。
 QoLが下がっているため、ゲームをするのも苦痛なら、何を書く気にもなれない。

 いっそのこと、しばらくPC断ちをするべきなのかもしれない。
 病は何かしらオカシイことのサイン――。

 もっとも、立っているときも、座っているときも、寝るときも
 正しい姿勢というのが分からないんだけどな。

 追記
 右耳は良くなったり悪くなったりすることに気付いた。
 これクッソ朗報じゃないか。少なくとも右は治る可能性がある。

 というか耳鳴り初期は朝になれば治まってたんだよ。
 今は朝起きた瞬間からセルフ聴覚検査し続けるからな……。

 何にせよ、メンタルのゲームなら勝機はある。