ウラブタの上

箱の中の神さま

プリンセスコネクトよ永遠に

f:id:Solisquale:20190512182357j:plain
 プリンセスコネクトRe:Diveを引退します。
 理由はゲームプレイに満足感を得られなくなったからです。

 ニューイヤーキャルは引退の直接原因ではありません。
 ニャルの登場に萎えて引退を表明する人が続出したこと、
その人離れが契機となった。

 プリコネに悲観する感情が高まっていたところへ、プリコネやめますという人がポツポツ出れば、じゃあ俺もやめよ、となるのは自然な流れだ。

 思い返せば、このゲームが真に面白いと思えたのは去年の夏ぐらいまでだったと思う。
 はっきり言うなら水着カオリが出るまでだね。

 ちなみに、僕はアリーナを専門にプレイし続けたプレイヤーだ。
 一般の人はクランバトルを重視するから、わりとレアな存在なんじゃないかな。

 思えばカオリの登場から何かがおかしくなった。
 今までも新登場のキャラが環境を席巻するのは普通だったが、以降のインフレの加速は段違いだ。
 今でも通用するもんカオリ。回転蹴りはリノにも当たる。持ってない人はどうしてるんだろう。

 さて、何をもってゲームを面白いとするか
 僕はプレイし甲斐があるかどうかだと思っている。

 プレイヤーがプレイ時間、ゲームテク、課金要素を入力すると、
ゲーム側はきちんと反応を返してくれる。
 たとえば戦力が上がるとか、キャラストを見られるとか。そういう物理的な面のほか、
高難度のコンテンツをクリアする快感や、ライバルに勝る快感を得るのはゲームの醍醐味だろう。

 そのバランスが崩れるとゲームは途端に面白くなくなる。
 今までは100の力を加えたら80の満足度だったのに、
 今は200の力を加えても40の満足度しか返ってこないとなれば、
ゲームをプレイする甲斐が失われていると判断していいだろう。

 木村さん、さすがに限定商売をしすぎたんじゃないですか。
 アリーナもクランバトルも、限定じゃないキャラを探すほうが難しい。
 居たら便利、ではなく居ないと何もできない。取り逃したらどうしようもない、金がなければ取れないとなってくれば、総スカンを喰らうのも時間の問題だ。

 僕はプリーナは50位以内、バリーナはだいたい20位以内に居る。
 これを維持できていたのは、ひとえにキャラを持っていたからである。

 DBというツールを使えばある防衛を抜く最適解が提示される。
 あとはその通りにキャラを使えば誰でも勝てる。戦闘はオートだ。

 これだけ聞くと競技性はないと思われがちだが、ほぼその通りで、
 DBに載っていない防衛に素早く入れ替える、一度対戦に入ったらそのまま4分待ち、5分の連凸制限タイムを1分にすることで凸られる可能性を可能な限り減らす、といったようなことをして初めてアリーナに対人要素を見いだせるようになる。

 この破綻したゲーム性をいつまでも楽しいと思えるわけはない。
 せいぜい、粘着した誰かを蹴落とすだのでルサンチマンを得るくらいだ。

 僕はプリコネのストーリーを読まないし、キャラに特に好きとかいう感情もない。
 純粋にカードバトルが楽しいからこのゲームをプレイしていた変わり種だ。
(さすがに何度も使えば愛着は湧くけどf:id:Solisquale:20200201224813p:plain

 それでも今までプリコネをプレイし続けたのは、やはり今までのゲームへの投資を惜しんでいたのだろう。
 あとは繋がりかな。所属していたクランが大きかった。

 KGAです。KGAの下位の部署に5月からずっと所属していました。
 交流は多くはなかったが、メンバーと戦略的にクラバトするのは楽しかった。
 本当に僥倖だと思う。今どき自由凸が高レベルで成立するクランなんてそう無い。

 今思うと申し訳なかった。クラバトのためのクランなのに僕はアリーナ育成という食い合わせの悪さ。
 何度も迷惑をかけたけど、わりと貢献できた実感もある。それだけ恵まれた場所だった。

 というわけで、そろそろお時間。
 酸いも甘いも教えてくれた、プリコネというゲームに感謝します。
 
 さらばだ。