ウラブタの上

箱の中の神さま

泣きっ面に口内炎の予約(唇噛んだ)

f:id:Solisquale:20190825031437p:plain
 苦節4箇月、ようやくこのゲームが始められる。
 アレだけリセマラでマコト勧めといて自分が持ってなかったからなぁ👽
 一応マコトなしでもプリコネは楽しめる! ってことの証左にはなってたんじゃないか。

 とはいえ、現状ハードの22-3で詰まっていて、そこは攻略にマコトが必須と云われているステージだ。
 クランバトルでもマコト以外のキャラを借りられないのがネックで、各種イベントのボスにもダメージが通らず苦しんでいた。

 もう大丈夫(血反吐)。全てのコンテンツを健全に楽しむことができる。

 ただ、マコト無いしクラバト適当でいいや、の論法が使えなくなるのは問題だ。
 でもぉーゲームを楽しむために、必要以上の労力をかけるのは流儀に反するんや。

 今回俺が配属されたクランは「割とやる気勢」で、ディスコードのチャット+エクセルを使って凸を管理するシステムにしている。

 滅茶苦茶、ダルい。

 もちろんメリットもある。高校の文化祭(というよりは部活動)みたいなもので、みんなと協力して目標のために頑張る、のは実際楽しいのだ。

 ただ、労力に見合う対価があるかと言われると困る。
 時間拘束がきつい。半日かけて3凸を消化するなんてのはザラである。
 また、連携をする以上、心理的に手を抜くことができない。軽い気持ちで、ミスしてもいいやと思いながらプレイできないのだ。

 次があるなら自由凸の部署がいいなあ。というか今の部署も当初は自由凸の予定で、気づくと管理凸になっていて俺としては少々面喰らった。
 一応自由凸も、特定の人の負担が増えるというデメリットはあるんだけどね。

■ふるーつふるきゅーと
 神ゲー。課金は必要なし。リセマラはイチジクでおk。
 
 マジカミと違ってブラウザゲーであることに開き直っていて、古き良きハンゲーム雰囲気によって、力を入れずに楽しめる。
 テキストだけで作られた育成ブラゲーがその昔流行ったことがあるが、ソレに似てる気がする。

f:id:Solisquale:20190825031552p:plain
 ▲最初はクエストを効率よく進められる範囲攻撃パを使っていたのだが、

f:id:Solisquale:20190825031600p:plain
 ▲徐々に敵が強くなり、最終的に単体攻撃パが安定ということに気づいた。レイドも瞬間火力しか求められないからな。
 今から始める人は範囲パ要らないと思います。対人が来たら分からないけど。

 ゲーム部分はあまり面白くない。しょせんポチポチ。

         f:id:Solisquale:20190825031536p:plain
 絵には力が入ってると思う。ベッドシーンは見たことがないので分からん。

なぜ授乳手コキはセックスより価値が高いのか

           f:id:Solisquale:20190823011006j:plain
 エロシーンがひとつしか充てがわれていないゲームを見るたび、やりきれなさを感じる。いや、ひとつだからたいてい本番を最後までやりきるんだけどさ。
 穴があったら入れるだけで満足なのだろうか。それで変態性は満たされるのだろうか?

 現実問題、コストの問題がつきまとう。マイナーゲームメーカーの2作目あたりに顕著だが、DMMのソシャゲなんかもそうだから全国規模とみていい。

 たとえば、凍京ネクロ(SUICIDE MISSION)。
 チラリと寝室を覗いてみると、甲が下になったり上になったり、乙が横になったり縦になったり――もとい、通常のまぐわいシーンしか無かった。
 もう眼から別な体液が出る。あくまでエロはオマケ要素なのだ。報酬としてはそれで充分なのだろう。個人的にはゲーム部分も面白くなくて真顔になるが。

 そこに、光明が差した。
 バブみが、降ってきた。

f:id:Solisquale:20190823011205p:plain
 母谷亜衣華。
 今回のイベント限定キャラは、いわゆるママキャラである。さぞインセストでインモラルなシーンが描かれるのだろう。そう思ってサムネを見ると、授乳手コキをしている。何、だと……?
 誰が見ているはずもないが、己の右と左を2回見回してから再生ボタンを押す。

 笑った。
 主人公が流されるままに手コキをされて、それで終わった。

 うん、まあ、バブみインセストは違うわな。
 一応育ての親という設定になっているが、禁忌を犯している! というフックもなければ、そもそも普段の描写がないので感情移入のしようもなかった。
 男がサっと欲望を解消する際には余計な情報は要らない、とマジカミの記事にて考察したが、今回もそんなテイストを感じる。
 実際ストーリーモノは感動してしてまって欲情するどころではない。起伏するエモーショナルラインの頂点で、主人公とヒロインは結ばれるのである。

 仮に禁忌を突き詰めるなら、ここは妊娠の危険がつきまとうべきだ。
 だが、そんなものは一部の変態が望むもので、通常は授乳手コキでいいのだ。
 バブみを感じてオギャる。それでいい。……本当に?

 諸賢は『ノルウェイの森』を覚えているだろうか? ご存知、村上春樹の名作だ。
 ネタバレにならない程度にまとめると、主人公の「僕」は、親友の彼女であった直子と向き合おうとして、うまくいかない~とかそんな内容の話だ。

 この物語の中で、僕は直子と本番の行為をしない。(正直うろ覚えで読み直す気分でもないから間違ってるかも)
 しかし、終盤において、ふたりの保護役にあたる年配の女性とは行為をする。

 自分の彼女とはフェラチオ止まりなのに、である。

 もちろん描写がないだけで本番はしていることと思うが、少なくともこの文脈では、本番よりもフェラチオの方が価値が上ということにならないだろうか?

 ちなみに、本番のシーンは頑張ればバブみを感じられます。妊娠の危険もきちんと臭わせている(P.254)点で村上春樹は「分かっている」。
 母谷と比較すると、インスタントなママキャラである点が同じで(設定上は育ての母だが描写がないため無視する/レイコさんは赤の他人レベル)、かつ母谷が本番以外のプレイをしたのに対し、レイコさんは本番をしている。

 ここから何が分かるか? それは、

f:id:Solisquale:20190823011219p:plain
 御子神和泉を4凸できてラッキーだったってことだ。
 正直もう起動しないけどなこのゲーム。
 時代はふるーつふるきゅーと、これ豆な。

薫風はきたる颶風の手を取った

f:id:Solisquale:20190822222817p:plain
 プリコネの話は一番した!

 階段を踏み外して、ひどい捻挫をした。
 昔から生傷が絶えなかったが、全治3週間クラスの捻挫は初めてのことである。

 ところで、階段を踏み外したというのは半分ウソだ(何)。
 階段を降りたあと、レンガで出来た足場(10センチ)から右脚をくじいたのだ。
 たかが10センチ、されど10センチ。通常ありえない方向にグリンと筋肉を伸ばしてしまった脚の甲はすぐに腫れ上がり、激痛とともに厭世と羞恥が襲ってきた。

 程なくして、ネットの力を借りて対処にあたった。
 捻挫のときはRICEと呼ばれる4つの処置を行うらしい。すなわち、
安静にして→冷却し→内出血を広げないよう圧迫し→患部を心臓より高い位置に挙上する。

 この挙上のストレスと、ベッドの上で変な体勢で寝なければならないストレスが、程なくして別の問題を連れてきた。
 お腹まで痛くなってきたのである。

 精確に言うとヘソの周囲がキリキリと痛む。通常、機能性ディスペプシアの場合は心窩部と呼ばれる胸の間が不調になるのだが、今回はどうも様子が違う。
 下痢になったときのような痛みが間歇するのだ。正露丸は効かず、なんとストロカイン(強力な神経麻痺薬)も効かない。

 すわクローン病かスキルス胃ガンかと、いっとき生を手放しかけたが、そんな俺に告げられた病名は大腸憩室炎であった。

 CTを撮ってみると、通常盲腸がある位置が白く腫れ上がっているのが分かった。
 不摂生な人間の大腸は外にポコっとはみ出ることがあり、そこに何らかの炎症が起きるとプチ虫垂炎みたいな事態になる。
 おそらくは妙な姿勢を続けたことで、魚の骨か何かが腸壁を開闢したのだろう。

 幸か不幸か、俺は幼少の砌に盲腸を切除されている。
 おかげで被害が小さく済み、一週間ほど抗生剤を飲むだけで軽快したのだが……
 一方で盲腸は大腸の健康維持に役立つ臓器らしく、盲腸がご存命であれば今回のような事態にはそもそもなっていないかもしれない、という説もある。

 なにはともあれ、凄まじくQoLの下がった数週間であった。更新が途絶えていたのはそのためです。もともと文章書きたいときだけの不定期だけど。

 で、プリコネの話。
 病み上がりの身に、明日から始まるプリコネのクランバトルは応えることだろう。

 実は今日の今日まで、クラン方針の「自由凸」の意味をよく理解してなかった。
 ただテキトーに殴るだけだと思っていたら、ある程度秩序立って凸を行うシステムらしい。
 マジかよ……そんなことならもう少し本腰入れてクラバト用のキャラを育てたんだけどな……

f:id:Solisquale:20190822222646j:plain
 ミソギ★5 RANK14 専用70とか激レアキャラを育ててる場合じゃなかったわ。

 いやだって非所持キャラ、こんなんよ?

f:id:Solisquale:20190822222728p:plain
 どう見てもクランバトルはするなって言われてるじゃんこれはさぁ🤔

League of Legends ARAMのすゝめ

f:id:Solisquale:20190821175724j:plain

 味方に合わせて、自分が何を担当するか考えよう。

・ハラス役:最重要 割と前に出るため、序盤や拮抗ゲームではデスに注意
DPS役:ADCが居ないほうは終始厳しい。とりあえずレンジドならADに行く人もいるが序盤の弱さが後を引く
・タンク役:セミタンクでもいいから必要、居ないとかなりピーキーになる。散々ハラスされたが、最終的に硬いやつが多いほうが勝つのはよく見る光景
・イニシエート役:LoLは先に仕掛けた方が有利なゲーム
ミニオン処理役:タワーが一本折られるとそのまま負けることがままある。ハラッサーが兼任することが多い
・ピール役:ピールする暇があったら他のことをしたほうがいいけど、コグマウくらいは守ろう。自分がfeedしていたら突っ込んで死ぬより有意義
・妨害役:いわゆるディセイブラー。ARAMでは存在感があまりないが、勝ってるチームにルルが居れば鬼に金棒
・アサシン役:イニシエートを兼ねて一人キルして帰ってこれたら英雄

★勝つコツ

f:id:Solisquale:20190821180447j:plain
・少しだけタンキーにすること
 普通、集団戦のあとはオブジェクトを取る。ARAMにおいてもそれは重要なのだが、サモリフ以上に生き残ることの意味が強い。死ねば相手に金が入るし、自分が死ぬと自分以外の誰かが死にやすくなる。1秒でも長く生きることがメリットに繋がる。
 ADCであればシールドを確保できるPDを積むとか、誰もが存在を忘れかけているデスダンスを積むとめっちゃ安定する。純粋に忍者足袋を履くのもいい。しかしDPSの役割を果たせるようになるまでのラグが命取りなため、自分以外にDPSが居ない場合はよく考えたほうがいい。

・無駄なデスを避ける
 僕のARAMの平均デス数はくらいです。これが如何に異常な数字か、プレイしたことのある人は分かるはず。
 味方にMIAピンを炊かれてでも、とにかく死ななければ、終盤構成で勝てる試合がたまにある。
 ただ死ななすぎても装備の更新ができないので注意

強いビルド、戦い方を知る
 たとえば、ベイガーならマナとCDを積んでタンキーにしたほうが安定して強かったりする。

f:id:Solisquale:20190821180508j:plain
 アッシュはCDを積み、ボレーだけでハラスと集団戦をこなすプレイが存在する。
 アニビアは氷の壁、つまりW上げをするとゲームを支配できたりする。
 マオカイは一刻も早く仮面を完成させ、1個でも多くブッシュに苗木を投げるべきだ。
 などなど、書ききれないほどオリジナリティを出せる土壌がある。
 ARAMをプレイしていれば、君もいつのまにか橋の住人になっているはずだ。ブッシュに隠れて全員やりすごしてバックドアを決めるタンキーADアーリに、君もいつかなるときがくる。

f:id:Solisquale:20190821180927p:plain
トロールのコツ
・このゲーム、勝てないときは何をしても勝てません。だから遊びたくなるときがあります。
 その場合は、何があってもチャットをしないこと。チャットさえしなければ、少なくとも処罰されることはありません。
 何故分かるかって? 俺は3戦に1回はとんでもないトロール野郎になるからである。それでライオットからポップアップが飛んできたのは、チャットをしたときだけだった。それ以外のレポートは黙殺されているのではないだろうか。
 あと、AFKもダメです。意図的なデスも怪しい(それ以上のペースで味方は死ぬけどね)。だが非協力的な態度で処罰されることはない。それは主観であり、プレイスタイルと主張されたら区別できないから……かな。
 ミニオンを殴り、ハラスするフリをして、テキトーに集団戦を起こして負けましょう。
 8分で降参投票ができるがまず通らないので、12分まで待ち、負けそうなときにffしよう。

★雑なティアー表
Tier1

・ベイガー 範囲スタン。当たらなくても強い。メイジやADCは蒸発する。
・パイク  ARAMではスレッシュのほぼ上位互換。QとULTだけでゲームは壊れる。
・マオカイ 相手のブッシュを封印する。集団戦も強い。

TIer2
・イラオイ
 魂の引き抜きで高性能なハラスができ、集団戦をキメるウルトを持ち、かつ硬い。
・ジグス、ゼラス、フィドル、ラックス、ヴァルス、ヴェルコズ
 いわゆるハラス群。ARAMにおいてハラスは要であり、最大の防御でもある。
・MF、コグマウ、ジンクス、カイサ、ジン
 ハラスもできるキャリーたち。MFとカイサは5割、コグマウは3割ほどの確率でAPビルドである。
・ガレン、ムンドー
 ただ硬いというだけでとんでもないDPSを出すオフタンク。橋の上ではサモリフ以上にガレンが強い。
・ブラッドミア
 レイトゲームキャリーなのだが、育っていくのを止めにくい。気づいたときには全員彼に殺されている。
・ブリッツクランク
 最高峰のイニシエーター。一瞬で一人キルできるためもはやアサシンである。集団戦のサイレンス、ノックアップも強力。

Tier3
ティー

 相手にオラクルを買わせることが役目。ADやASビルドにする人も多いが、実はAPにしてQ上げのが強い。DPS役になってもいいけど、よほど上手いか勝ってないと圧されて負ける。集団戦でもうまくキノコを当てよう。
・エコー、アニビア
 ミニオン処理+αができるチャンプ。
・モルガナ
 スキルが当たれば最強。しかしCDが長く、ULTが弱い(信じられないかもだけどマジな)のでこの位置。おすすめは沼、つまりW上げ。ミニオンを処理して仕掛ける側になろう。
・その他メイジ ブランドとかニーコとかゾーイとか強いね
・その他ADC ベインのみ、最低限ASを積んだらタンクにする戦術がある
・その他タンク というかメレー。メレー多いほうが最終的に勝っちゃったりする

Tier4
・サポートチャンプ
 知らない人が割と多いが、ARAMでは他人に対する回復スキルの効果は半減する。ソラカを引いたなら、ハラスとディセイブルに命をかけるべきだ。

意外な使われ方をするチャンプ
・シヴァーナ
 サモリフでも猛威をふるいはじめたので意外でもなんでもない。AP積んで炎を吐く→相手の体力が1/3になる。
・シャコ
 APにする人が8割。ボックスは確かに強いが、構成で負けている場合はADアサシンやタンキーにするのも視野。
・マルファイト
 フルAPにする人が5割、耐久も重視する人が2割、フルタンクにする人が3割。なにはともあれ誰かが死ぬ。
・エリス
 実は最高クラスのハラス役。エコーを積んで血のクモを歩かせるだけで勝てる試合が割とある。

オタク
・リサンドラ
 ARAM専用のサモスペを使うと摩訶不思議な無敵ハラス&イニシエーターとなる。ついでにアサシン兼ディセイブラー。
雪玉を当てる→適当な場所にEをする→雪玉を使いブリンクする→Wでハラスする→Eの場所に急いで戻る
 最初にコレを見た人はバグかグリッチかチートかと疑うことだろう。
 ルーンでCDを積み、早めにアイオニアブーツを買うとコンボの回転率が上がり更に強い。
・イグゾースト
 ARAM好きはこのスペルを持っていることが多い。ピールのほか、育ってしまった敵の対策になるし、孤立したやつをキルする用途にも使える。

彼方のアストラ 1話 ストーリー解析

f:id:Solisquale:20190806165838j:plain
                        ©2019 篠原健太集英社・彼方のアストラ製作委員会
ドライバー記号の意味はこちらの記事

■メインドライバー
①宇宙キャンプで起きた謎の現象はなにか 
②カナタがひったくりからアリエスを助けた 
③2人は仲を深めていくが、謎の現象からは助けられなかった 

■サブドライバー
①近未来の世界で宇宙旅行が簡単にできる 
②フニシアが孤独を深めている 
③カナタがキャプテンになれるかどうか 

■ドライバー分析
 アリエス、宇宙で死にかける 
  誰か(カナタ?)に助けられる
アバン:サスペンス

PMC学生だけで5日間の宇宙旅行をする説明(おばさんのやたら説明的な説明)
  アリエスがひったくりに遭う
C+カナタが解決する 親愛リマインダー ギャグで間を埋めている
フニシアと姉の不和 劣等リマインダー
PM 惑星キャンプの詳細な説明が入る 舞台装置っぽい奇妙さが見え隠れ
PC 主要人物が自己紹介したり軽い交流をする
D-フニシアが再び姉と不和 悲しそうな顔をする
 カナタと師匠の回想 カナタがアリエスに自分の持つ夢の話をする 
それをアリエスが支持する 親愛リマインダー
  惑星に到着し、学生だけになる
 直後、全員が謎の球体に吸収されてしまう
  カナタはアリエスを助けることができなかった
メイン:アンバランス

f:id:Solisquale:20190806165933j:plain
 ちょっと緩急つけすぎやないか節子? 
 サスペンス色を相殺するためにギャグを散りばめている? あるいは引き立てるためにギャグを使っている?
 どちらにせよバランスが悪い印象を抱く。
 ギャグは内容と視聴者の心の温度が合っている場合は面白く感じるが、そうでない場合は寒く感じることが多い(ていうかシリアスすぎて相殺できてない)。まだキャラクターに愛着を持つ段階じゃないし、ギャグ要素は控えめでも良かったかもしれない。
  
 キャラが多い割に、各々どんな感じの性格なのか何となく分かるのは良かった。ここはコメディタッチをうまく利用した。
 尺との戦いだったね、まだ1話でそれも前半扱いにしたところを見るに脚本家は苦労してそう。
 
 この1話だけを見る限り、制作サイドが描きたいのは「成長群像劇」……だと思う。
 先行類似作品が『宇宙のステルヴィア』だとすれば、制作陣は強気だ。ちなみに俺はステルヴィア見たことないから比べることができない。ゲオ行くか? アマプラで観れる?
 『リヴァイアス』だとすれば面白いことになるし、『シドニア』や『ぼくらは虚空に夜を視る』だとすればとんでもないことになるけど、まぁそうはならんやろ。

 話を本筋に戻す。この1話は面白かったかどうか。その答えはNOだ。それは何故だろうか。
 ひとつはコメディ部分が俺に合わなかったことが挙げられる。だがそれだけではあるまい。

 話の展開はよくある流れで、ストーリーの強度も見た感じ強い……と思う。
 カナタのスタンスはアバンと引ったくりで「アリエスを2度救出する」ことで描かれている。また回想による補強もあり、それがヒロインに支持されるというエピソードにまでなっている。悪い要素なくね?
 ただ、個人的には回想シーンは嫌いで、アリエスにも特に魅力を感じないので良い要素でもない。

f:id:Solisquale:20190806165902j:plain
 というか、「主人公」はカナタなのか、アリエスなのか、どっちだ。どっちもか。
 だとすればアリエス部分が描写されなすぎ説はある。1話では弱点も描かれず、体の良い狂言回しでしかなかった。
 つまりは、たくさん居るキャラの中で、今回はカナタ・アリエス・フニシアの3人にスポットライトを当てたが、さらりと触れる程度で掘り下げることができず、そこに魅力を感じることができなかった――ことが、面白くなかった原因ではないか。

 ていうか前半だしな。ストーリーが何も進んでない。そもそも後半を観ないとダメなやつだこれ。
 でも、できれば1話でガツンと心を掴みにきてほしかった。

ドライバー理論というものがあるらしい

 愛 夢 目的 その達成 L→L(Good) 
 ミス、喪失       L→F(Bad)

 悪いこと、問題     B→B(Down/Ruin)
 善いこと、解決     B→G(Worth)G→G(Up)

 世界観の解説、状況提示       
 フラグ、伏線      F’(フラグ回収)
 魅力的な謎
 コメディ
 プラス感情リマインダー
 マイナス感情リマインダー

 数年前、面白いブロマガを見つけた。
 アニメのストーリーを「ドライバー理論」というもので解析し、考察するという内容だった。
 今は更新が止まっているが、ページは残っているので、どのようなモノなのかはその目で確かめられたし。

 で、まあ、その、コレ……使ってみたいと思っちゃったんですよ。
 というわけで理論を一部改変して、自分用に使いやすくした上で解析をやってみようと思う。
 他人の褌で相撲を取る、もココまで来たかって感じするわ。
 とりあえず気になってる「彼方のアストラ」を2話分やってみようかな。無料公開されてるし。 ただ理論を拝借するのが剽窃に当たるかどうかだけ気になるな。しかも浅い解釈をしてしまったら先人に泥を塗ることになるような……まぁいいや。怒られたら謝ろう。人が生きるということは、誰かに迷惑をかけるということ。
>ドライバー分析は、分析者が分析した結果を正しく表現する手法である。
 とのことなので、俺の分析を表現するのが目標だ。

■我流ドライバー理論

・「ドライバー」とは場面が内包する要素を示したものである

4つの基本のドライバー
・ドライバーはLike. キャラの好意的な行動、目的を示し、その達成もLに含まれる。
(ヒロインが主人公の言動を支持する、主人公もヒロインを支持し返す)
・ドバイバーはFailure. キャラの失敗および喪失を示す。
(主人公が気後れしてヒロインに声をかけることができなかった)

・ドライバーはGood. キャラが良い状態になること、および問題の解決を示す。
(主人公がヒロインに助けられる)
・ドライバーはBad. キャラが悪い状況に陥ること、および問題を抱えることを示す。
(主人公が敵に襲われ死にかける)

ドライバーの組み合わせ
・ドライバーが達成されるとドライバーとなる。L→L=G
(ヒロインに応援される→応援のおかげでうまくいった=グッド!)
・ドライバーが失敗するとドライバーとなる。L→F=B
(ヒロインに応援されたが、なお勇気が出ずに失敗した=バッド!)
 
Lの達成に関係なく、ドライバーGBは単体でも使われる。

・ドライバーが解決されて終わることをドライバーW(Worth, 価値)とする。B→G=W
・ドライバーが解決されないまま終わることをドライバーR(Ruin, 破滅)とする。B→B=R
・B-Bした(悪いことが続けて起こった)まま、その連鎖が続くことをドライバーD(Down,悪化)とする。B→B= also D
・G-Gした(良いことが続けて起こった)まま、その連鎖が続くことをドライバーU(Up, 好転)とする。G→G=U
 Bの解決に関係なく、ドライバーWRは単体でも使用され得る。

その他のドライバー
・ドライバーPはPresent. 世界観の解説、および状況の説明を示す       
・ドライバーFはFlag. フラグと伏線を示す。またF’はフラグ回収を意味する。
・ドライバーMはMyspense. ミステリアスとサスペンスを合わせた言葉で、物語を牽引する魅力的な謎を示す。
・ドライバーCはComedy. ギャグ、お笑いシーンなどを示す。
・ドライバー+はプラス感情のリマインダーを示す。
・ドライバー-はマイナス感情のリマインダーを示す。

 リマインダーってのは、何度も使われることでゲージが溜まっていく感情の指標だと思えばいい。
 キャラが助け合うことで「大切リマインダー」が積み重なっていく。それが臨界点に達すれば男女なら恋仲になるだろうし、逆に裏切りが行われた場合、積み重なった分だけギャップによる感動が生まれる。
 マイナス感情のリマインダーが重なれば、そのキャラ同士は敵対することになるだろう。しかし仲が良くなった場合、マイナスが大きいほどギャップが生まれて感動する。(あんなに嫌いだったはずなのに!)

頭文字M ~軽快最速伝説~


 ふと人差し指を見ると、血が出ていた。爪の下に1センチほどの血溜まりができている。
(バカな――)
 疑問に思う間もなく、痛みが走る。
(さっき庭で水を撒いたときか? フェンスに、指をぶつけた……!)
 傷口から溢れた血が垂れ、床に血痕を刻んだ。処置をしなければならない。
 だが、なぜ? 作業後にミューズ(泡タイプ)で手を洗ったときは、何も感じなかった。
(気づかなかったとでも言うのか? この俺が――)
「フフ、焦っているようですね……俺さん……」
「お、お前は……」
「私はメンターム。以後お見知りおきを。そして今宵、あなたとダウンヒルで戦うのも――私です」

f:id:Solisquale:20190803010015j:plain


「始まったようっスね……」
「あぁ……この勝負、“自分”を通したほうが勝つ」

「お前に頼ってる暇はねえ!」
 立ち上がり、洗面台へ駆ける。まずは水だ。血を流し、ティッシュで押さえる。その後消毒をして、絆創膏を貼り――
「その処置は間違っていますよ。近年では消毒液は傷の治りを悪くするというのが定説です」

「そうなんスか?」
「そうだ。消毒液は細胞に悪影響を与える。そもそも消毒液ですべての菌は殺しきれず、また多少菌が残っていても傷は治るんだ……一本取られたな、俺」

「私を使い、傷口の湿度を保つことで治癒を早めるのが得策でしょう」
(ぐ……このままメンタームを使うしかないのか? それ以外に、手は!?)
 しぶしぶメンタームに手を伸ばす。言われるがままフタを開け、軟膏を掬おうとしたところで、気づく。
(いや、まだだ! 見つけたぞ、構造上の欠陥!)

「ん? 俺さんの手が止まった……んスか?」
「止まった、いや……そうか! 止まらざるを得なかったんだ」
「ど、どういうことです」
メンタームの容器をよく見ろ。すでに何度か使われ、軟膏が“浅いすり鉢状”になっている」

f:id:Solisquale:20190803010540j:plain


「ほんとだ……でも、それがどうしたっていうんです?」
「掬えないんだよ……あの角度じゃ、どう頑張っても! 指先で大きくえぐりでもしない限り!」

(我が家に綿棒は無い。この前使い切ったからな……つまり、見栄えの悪さと不衛生を覚悟で、大きくえぐり取る必要があるってことだ!)
「やりますね……俺さん。確かに私の説明文には、適量を患部に塗るとあります。そんなことをすれば、適量どころか、指全体がベトベトになってしまう……」
(だが、この先使うことも考えると、ここらで大きく穴を開けるしかない! メンタームには欠陥がある!)

f:id:Solisquale:20190803010640j:plain


「なんてしょうもないディスり方……」
「だが、有効だ。メンタームのあり方を揺さぶるには充分な威力を持っている。古来から存在する容器の形、それ自体を疑問視した俺の知略が上回った」
「てことは……」
「ああ、このラウンドの勝者は、俺だ」
「スゲェ……スゲェっすよこのバトル! あ、このまま2ラウンド目に突入するみたいッス!」

「ぐああああっ――!」
 思わず、声が出た。90℃はあろうかという熱湯を、ふくらはぎに浴びたのだ。
 指先のキズの比ではない。ハナから全力の激痛が襲う。
 すぐに冷凍庫からアイスノンを取り出し、患部に当てた。5分経っても疼痛は止まず、皮膚全体の赤みも増していく。

やけど、ッスか……」
「とんでもないアホだな。カップ焼きそばのフタを、必要以上に開けている。その上で自室で作業をしながら湯切りをすれば、お湯が漏れるに決まっている」
「来ますね、ヤツが……!」

「さあ、私の出番です。私の効能は擦り傷だけに留まりません。皮膚のあらゆる炎症をカバーしているので――当然、やけども守備範囲内です」
(しまった、また付け入るスキを与えてしまった――! しかも)
「ええ、あなたが先ほど“えぐった”おかげで、私の構造上の問題はクリアされています。」
(ここは、大人しく塗るしかない……! ――――!? なんだ、この感覚は!? キズが……)

「な……なんスかあれ! ウソみたいに赤みが引いていきますよ!」
「あれは、痛みも引いているな。メンタームは第三類医薬品だが……よもやここまでの効力があるとは……ナメていた」

「驚くことはありません。私の“dl-カンフル”は消炎効果に加え、鎮痛効果をも兼ね備えている。さらにユーカリ油も同様の効果を持ち、傷口を保護します。“第三類”の安全性で、です」
(強い……! あれだけつらかった症状がもう穏やかに……これが軽快最速伝説と名高いメンタームの力か――!)

「…………! 言葉もねぇッス……」
「終わったようだな。趨勢は明らかだ。メンタームはそのあり方をシンプルに説明し、そして役立てた。もう俺に勝ち目は、ない」



 ちょっと攻めてみたけど攻めれてねーなこれ。
 まあ色々やってみよう